HOME > 法定相続人と相続順位

法定相続人と相続順位

相続人になれるのは、被相続人の配偶者、子、父母、兄弟姉妹です。 
配偶者は、必ず相続人となります。ところが、子、父母、兄弟姉妹の場合、それぞれ相続人となる順番が決まっています。
・第1順位 子
・第2順位 父母
・第3順位 兄弟姉妹
たとえば、第1順位の子がいる場合には、第2順位の父母及び第3順位の兄弟姉妹が相続人になることはありません。
また、第1順位の子が被相続人より先に死亡している場合でも、死亡した子の子(被相続人の孫)が代襲相続人として相続することになります。

ページトップへ