HOME > 生前にもらうVS相続まで待つ-どっちが有利?相続税と贈与税の違いをおさえよう!

生前にもらうVS相続まで待つ-どっちが有利?相続税と贈与税の違いをおさえよう!

相続税とは、財産を持っている方が死亡したことにより、財産を譲り受けた者に対してかかる税金です。

また、贈与税とは、現金や不動産などの財産をもらったときにかかる税金です。

このように相続税と贈与税はともに、財産を受け取った人が支払う義務のある税金です。

そして大きな違いは、財産を渡す人が、すでに亡くなっている場合には相続税、財産を渡す人が生きている場合には贈与税が課せられる点です。

 

では相続税と贈与税はどちらが高い税率なのでしょうか?

この点については、圧倒的に贈与税の方が高い税率となっています。

贈与税は年間110万円までは税金がかりませんが、それ以上の財産を受け取れば発生するものであり、さらにその税率も3000万円超の受け渡しがあれば55%※の最高税率に達してしまいます。

それに比べて相続税で55%※の最高税率に達するのは6億円超という額です。

 

また税金がかからない基礎控除の額にも、相続税と贈与税で大きな違いがあります。

●相続税の基礎控除=3000万円+法定相続人の人数×600万円※

●贈与税の基礎控除=年間110万円

このように税金を免除される枠である基礎控除の額にも、相続税と贈与税では大きな違いがあります。

 

相続税と贈与税では、遥かに贈与税が重い負担ですが、これは財産を持っている人が、相続税の負担を逃れる手段として、生前に多くの財産を譲ってしまい、不当に減少させることを防ぐためです。

ただし贈与税、相続税ともに、特例を使うと税金がかからない控除枠が広がります。

 

(まとめ)

相続税は、財産を持っていた人が死亡したときにその遺産をもらった人が払う税金。贈与税は生きているときにもらった財産にかかる税金です。どちらが有利かはその時と場合(特例などを使用する場合)によって変わりますが、基本的に贈与税の方が負担は大きいです。

 

※相続税・贈与税の税率、相続税の基礎控除額は平成27年1月1日以後のものを適用。

 

 

ページトップへ